入歯・虫歯・はぐき治療の渡辺歯科医院 東京都北区東十条
[生活の知恵] (ここだけの話)

 ナベチャンです。内緒の話ですので、宜しくお願い致します!


【義歯関連】

01 義歯は義手・義足と同じ:
  義歯(入歯)は、自分の「歯」とは、全然異なる物。自分の歯と同じに噛めると思ったら、大間違いです〜!ハグキで、硬い物は、噛めないよ、ネ!だから、新車と同じに、「慣らし運転」が、必要で〜す。
02 義歯に慣れるには、根競べ!:
  新しい義歯(入歯)を入れた場合、調整に通いますが、先生と患者さんとの「根競べ」です。先生に悪いと思い、妥協していると、ナカナカ慣れないよ!義歯に対する「苦情」は、「口の聞き方次第」では、先生を敵にも、見方にもしてしまいますよ!ご注意を!!
03 保険の義歯と自費の義歯の違いは?:
  私の考え方では:義歯の「型取り・噛み合わせ・試し・セット」という一連の治療方法に差は無い。義歯の材料面で、保険で使用出来無い物を使い、拠り「快適な使用感」を出す治療方法が、自費の義歯である。と考えています。
04 義歯の作製に個人差が出る:
  患者さんそれぞれで、義歯を作る場合、条件(土手の形・残存している歯・ハグキの抵抗力等)が、異なるので、個人差がでる。また、患者さんが、「義歯」というものに対して、如何考えているか?・・・・・これが、大きく左右しますよ。・・・・本との話、歯科医の腕は、二の次?「義歯」は、人工物。「歯」は、両親が創ってくれた物。違って、当たり前!!
05 義歯の作製時間:
  簡単な物は、模りから1週間。難しい物(総入歯)は、模りから3週間。が、目処です。しかし、歯を抜いたり、虫歯の治療が絡むと、更に伸びるよ!良く、ご相談ください。保険・自費の違いで、内容が、可也変化する場合が有りますので。宜しく!ここで重要な事は、入歯が出来たその日から、思うように噛めるのではありません。慣れるまで、入歯の調整訓練が「必要」で〜す。
06 「口腔乾燥」と義歯調整:
  最近、口腔領域以外の病気で飲んでいる薬の作用で、唾液の分泌が減少、または抑制されてしまう事が有ります。この場合、口の中が乾燥しますので、義歯は痛くて、安定しません。主治医と相談して、可能ならば、薬を変えてもらうか、減量してもらって、下さい。その結果、唾液の出方が改善され、入歯の調整が上手く行き、患者さんも美味しく食べ物が食べれられました。当院でも、実際に最近有ったケースです。
07 「入歯安定剤」の使用について:
  本来は、「入歯安定剤」を使用しなければならない「入歯」は、歯医者さんに行って、直さなければ為らないケースです。でも、諸般の事情で、止む無く使用しているのでしょう?出来たら、早めに、歯医者さんへ、GO!・・・・但し、如何しても使用せざるを得ない場合、私がお勧めの安定剤は、「パウダー状」の物を、ご使用ください。・・・・当院に置いて有ります。
08 「何でも噛める義歯」て、有るの?:
  本来、そんな素晴らしい入歯なんて、無いです。自分の歯が最高です。ですから、歯の治療はお早めに!
話は変わりますが、普通の義歯では噛めない「アワビ」「ステーキ」等、自分の歯でしか噛めない物でも、ある程度は「食べれる義歯」を作る事が出来ます。但し、条件が有ります。顎の土手がシッカリしている事、上下の奥歯が左右無い事(歯が残っていても、前歯だけの場合)です。費用は、上下一式で、約735,000円(消費税込)で、其れまでの治療用義歯代が約84,000円(消費税込)です。可也高額(総計約829,000円)になりますので、担当医と、良くご相談を!

 


【歯医者】

01 歯医者と仲良く付き合う方法:
  先生だって、「聖人君主」ではない!・・・・「生身の人間」で〜す。と、なると、先生の「自尊心」をくすぐるのが、「手」では?例えば、前回の治療に関して、質問された場合、「調子が良かったんですが、途中で、痛い時が在りました。」と答えるのと、「痛くて、何も噛めなかった!(どうしてくれるんだ?)」と、どちらが良いと思う。・・・解るよネ!
02 「かかりつけ歯科医」とは:
  「揺り籠から墓場まで」と言われていますが、生涯を通して、その年齢層に合わせた、予防・治療をトータル的にサービス提供出来る歯科医師を言う。「いきつけ歯科医」ではなく、「ホームドクター」的、意味合いも在ります。・・・・・自分のことを一番良く知っている先生・解っている先生・・・の事。
03 「相性の良い」先生とは:
  歯科医師としては、患者さんとの「相性」を選べません。ですから、皆さんの方から、治療が上手くゆき、「相性の良い」先生を探そう?(治療経過が何時も良好である。・・・・先生の治療方針・方法が、自分に「合う」)・・・・「行き着け歯科医」とは、別者です!!
04 「神経質な患者さん」の対応:
  神経質とは言いませんが、繊細な患者さんに対しては、慎重に為ります。が、本音を申し上げると、「当り障りの無い診療」しかしなくなりますヨネ。幾ら真摯に対応・診療しても、帰ってくる言葉に、トゲガ有っては(本人は気付いて居ない)、それ以降、診療を継続する意欲は削がれてしまうものです。先生だって、生身の人間です。そこの所を宜しく!

 


【治療関連】

01 「無痛治療」:
  皆さん、全身麻酔で、治療しない限りはありえない!注射をする時、表面麻酔薬を塗りますが、チクリとするのは、致し方が無い!但し、やり方によっては、痛みの感じ方が、違うよ。まず!先生を、信用する事から始めましょう!(良い先生=かかりつけ歯科医?)
02 「インプラント治療」:
  私の考えとして、今の所は、「反対」。歯は顎の骨に直に植わっているのではなく、歯根膜(繊維組織)と言う[ショックアブソーバー]により、吊り上げられており、顎の骨に伝わる噛む衝撃を和らげています。そこえいくと、「インプラント」は、顎の骨に直に植えるので、顎の骨に噛む衝撃を与えてしまいます。[ショックアブソーバー]に替わるものが開発されるまで、使用は中止と言う考えでおります。また、将来、「インプラント」を外して、義歯にする時、顎の骨の「欠損部分」が大きいので、義歯を作るときの条件が悪くなりますヨ!現実の話しです。
03 「予約診療」とは?:
  お互いに、大切な時間を有効に利用する為、少しでも無駄な待ち時間を無くす為に、導入しておりますが、治療時間は、「人間」相手なので、ずれる事も有ります。また、「急患」の対応で、お時間を分けて戴く事も御座います。そこの所を、ご理解・ご協力の程、お願い申し上げます。ここで少しお願い:毎回,恒例の如く、予約時間より10分遅れて来る人が居ますが、次の患者さんが、居らしゃるので10分で、治療を終了すると、どうして、治療時間が短いのかと言わんばかりの表情をする。理由をお話ししても、「次の人に、待ってもらえば良いじゃないか」の、一言。皆さん!如何思いますか?
04 「在宅訪問診療(往診)」とは?:
  当院では、ご来院が困難な方・寝たきりの方の場合、お宅まで「往診」致します。治療内容等は、可也限られますが、是非受付までご相談ください。真摯に対応させて、戴きます。尚、往診時間帯ですが、原則として(木曜日・日曜日・祝日で)、午後1時〜5時となりますが、ご相談ください。健康保険(社保・国保)・介護保険が利用できます。詳細は受付までご相談を!
05 「先生の話」は、良く聴きましょう!
  診療中の先生の「説明」は、良く聴きましょう!次回来院した時に、その「説明」を良く聴かなかった為に、良く、「痛みがあって、如何してくれるんだ!」と喧嘩腰に苦情を訴える方が居られますが、先生の気分を害すばかりでなく、説明の二重手間を掛けさせてしまい、治療経過を納得されても、お互いに気分が悪いものです。気を付けましょうネ!

 


【標語・語句】

01 「8020運動」とは?:
  ご存知ですか?80歳の時に、お口の中に「自分の歯(治療済の歯でも良い=歯の根が在ればOK)]を20本以上持ちましょう!・・・・と言う啓蒙運動ですが、[20本以上の歯を持っている方の生活状況・健康状況を目指そう]と言う事が、真意です。そして、[美味しく食べて、健康な生活]を、皆で送りましょう!



プリンタ用画面
友達に伝える

BLOCK TITLE 検索

BLOCK TITLE Dr.MINO BLOG
》Dr.MINO人生放談

》下町乃徒登路放談

》日々、古里庵阿寒話!


BLOCK TITLE アクセスカウンタ
今日 : 128
昨日 : 278
総計 : 463541

BLOCK TITLE Social Media Button
入歯・虫歯・はぐき治療の渡辺歯科医院 Facebook Page

mixiチェック
LINEで送る このエントリーをはてなブックマークに追加 渡辺歯科医院 RSS FEED